Solar energy specialist company

ソーラーシェアリング

  • HOME »
  • ソーラーシェアリング

営農を継続しながら農地を太陽光発電で活用する、
未来型農業「ソーラーシェアリング」とは

耕作地に地上から3mの位置に藤棚の様に架台を設置し、短冊状の太陽光パネルを幅を持たせて並べ、営農を続けながら太陽光発電を行うことです。
作物にとって一定の量以上の太陽光は光合成に利用されず(光飽和点)、強い光は作物にとってかえってストレスとなります。
また、遮光率は30%程度で作物の生育に支障がない様に考えられています。
このソーラーシェアリングは日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っています。

 

農地を有効利用

現在では甲種農地・第1種農地・農用地区域内農地などの青地でも太陽光発電を行うことが可能です。
ソーラーシェアリングは「産業用」太陽光発電に当てはまるため、20年間に渡り高い単価で売電できることも特長です。

導入するに当たり

  • 架台の支柱部分を転用とみなし農業委員会の許可無しでは導入不可となります。
  • 転用は一時転用扱いとして導入計画により許可され、3年ごとに審査し見直されます。
  • 営農の継続が担保されるとともに、作物の生産に支障がない遮光率で耕作機械の利用可能な空間が確保されている事が必要です。
  • 支柱は簡易な構造で、技術的、経済的に撤去が担保された計画である事。

当社ではソーラーシェアリング物件の施工や管理を多く手がけております。

 
ビニールハウスの上にソーラーパネルを設置して作物を育てています。

 
畑の上にソーラーパネルを設置しております。

 
田んぼの上にソーラーパネルを設置しております。

 

 
こちらではサカキなどを育てています。

当社でお手伝いした現場が新聞に掲載されました。

農業EXPOに出展いたしました。

 

当社には蓄積されたノウハウがございます。

安心してお任せください。
なんでもお答えいたしますので、まずはご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 042-860-0615 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ジェイテック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.